効能・効果

子宮内膜症について知ろう!症状と原因そして対処法

「子宮内膜症」と聞いて、あなたはどのような病気かイメージできますか?「子宮」という名前がついているので、生理や妊娠となにか関係がありそうなことは想像できますよね。

子宮は女性特有の部位であり、将来、子どもを産むためにはとても大切な器官です。子宮内膜症は、子宮の病気ですので、女性であるからにはよく知っておく必要があります。

この病気を知っている人もまだ知らない人も、これを読んで正しい知識を身に付けておきましょう。

 

子宮内膜症ってなに?その原因は?

子宮内膜症とは、子宮内膜の組織が子宮以外の場所にできてしまうことです。子宮内膜の組織は、通常は子宮の中にしかありませんが、卵巣や卵管にできてしまうことがあります。生殖器が正しく働いている女性の10%に見られる病気で、誰にでも起こりうる病気なのです。

はっきりとした原因は分かっていませんが、現在、2つの仮説があります。1つは、「移植説」というものです。これは、子宮内膜が剥がれ落ちる時に卵管へ逆流してしまい、子宮の周りのどこかにとどまってしまうという説です。2つ目は、「化生説」というもので、腹膜上皮が子宮内膜へ変化し、増殖するという説です。

20〜40代に多いといわれる子宮内膜症ですが、では身体にどのような影響を及ぼす可能性があるのでしょうか。

 

子宮内膜症が与える影響

子宮とは違う場所で剥がれ落ちた子宮内膜が癒着することで、これにより卵管が塞がれてしまうことがあります。そうなると、受精を妨げる原因になるため、不妊症の原因となってしまいます。

必ずしも、子宮内膜症を患っている人が不妊症になる訳ではありません。しかし、不妊の症状を訴えて産婦人科を受診したところ、実は子宮内膜症だったというケースも少なくありません。

どちらにせよ、子宮内膜症は症状が進むと妊娠しにくい身体になる可能性があるため、早期の治療が重要となります。

 

子宮内膜症の症状

初期の段階で気づくためには、子宮内膜症がどのような症状かを知っておく必要があります。症状には様々なものがありますが、代表的なものに「痛み」が挙げられます。生理による不調や痛みは、個人差はあっても、誰でも抱えているものです。しかし、子宮内膜症による痛みは、鎮痛剤が効かないほど痛いことが多いのです。

その他、月経時の血の量が多い、レバー状に固まった血液が出る、下腹部痛、排便痛などが挙げられます。初めのうちは症状が軽く、だんだんと症状が増していく場合がありますので、「おかしいな」と感じたら、早めに産婦人科を受診することをオススメします。

 

子宮内膜症の治療と対処法

子宮内膜症と診断された場合、具体的にどのような治療を行うのでしょうか。

1つは、「薬物療法」です。薬物療法には、卵巣の働きを抑制し閉経した状態を起こす「偽閉経療法」と、妊娠した状態を擬似的に作る「偽妊娠療法」があります。もう1つは、「手術療法」で、腹部を切開する方法としない方法の2種類があります。

どちらの方法を選択するかは、症状の度合いや、どこで症状が発生しているかによって変わります。手術となると、費用がかかることですから、医師とよく検討する必要があります。

もちろん、治療と平行して症状を緩和させる方法も行います。子宮内膜症は、ホルモンバランスとも大きな関係があります。ホルモンバランスが崩れてしまうと、症状も悪化しますし、発症する確率も高くなってしまいます。ですから、ホルモンバランスをできるだけ崩れさせないようにすることが重要です。

ホルモンバランスを整えるには、

  • 規則正しい生活を送る
  • ストレスを溜めない
  • 身体を冷やさない

などが大切になります。3食バランスの良い食事をとり、質の良い睡眠を取ることを日頃から心がけましょう。そして、適度に身体を動かすことでストレスを発散し、身体を温める食事を取ることも必要です。ゆっくりと湯船に浸かる、生理の時はお腹を温めると、不快な症状を和らげることができます。

また、女性特有のストレス対策の方法としてオススメの1つとして「よもぎ蒸し」という方法もあります。よもぎ蒸しはよもぎの豊かな香りが気持ちをゆったりとさせ、暖かな蒸気が身体をぽかぽかとさせてくれるので、手助けの1つとなりオススメです。

 

まとめ

女性特有の悩みの原因は、ホルモンバランスの崩れが原因であることが多いです。ホルモンバランスの崩れは、ものごとに集中できなくなる、肌の調子が悪くなるなど、様々な不調の原因にもなります。子宮内膜症でなくても、日頃から整えておくことはとても大切なことなので、色々と試してみて、自分に合った方法を見つけましょう。

-効能・効果
-