女性ホルモンを整える!よもぎ蒸しが更年期障害に効果的な理由は?

更年期障害の症状を感じる年齢になると、さらに年齢を感じて気分が落ち込みますね。

特に、閉経を迎える頃が近くなると、なんとなくブルーになってしまうものです。

そんなブルーな期間をできるだけ軽く乗り越える対策として、よもぎ蒸しがおすすめです。

ここで、更年期障害に対するよもぎ蒸しの効果をご紹介します。

更年期障害とは?何歳くらいから始まる?

更年期障害とは、女性ホルモンのエストロゲンが閉経とともに減少することで起こる女性ホルモンのバランスの乱れが原因の様々な不調です。

エストロゲンの分泌量のピークは、30代の前半までで、その後、閉経の平均年齢である50歳に向けて、だんだん減っていきます。

45歳くらいになると、急に卵巣機能が低下するため、エストロゲンの分泌量もかなり減ってしまいます。

エストロゲンの分泌量は、脳でコントロールされています。

脳の中の視床下部にある下垂体という場所から分泌指令が出ると、エストロゲンが分泌される仕組みになっています。

しかし、45歳を過ぎると、下垂体から分泌指令が出ても、全く分泌されなくなるため、脳が混乱してしまいます。

実は、視床下部は自律神経をコントロールする場所でもあるので、エストロゲンが分泌されないことで脳の視床下部あたりに混乱が起こり、それが自律神経の乱れを引き起こします。

自律神経は、体温や精神、身体の機能などのコントロールをする大事な場所なので、それが狂うことで、様々な不調が起こります。

つまり、その不調が更年期障害の症状なのです。

更年期障害の様々な症状

更年期障害には、様々な症状があります。

大きく分けると、身体に起こる症状と精神に起こる症状があります。

身体に起こる症状

身体に起こる症状で代表的なのが、ホットフラッシュや多汗です。

ホットフラッシュ

暑くもないのに、首から上がほてり、のぼせるような状態です。

汗がたくさん出る

のぼせるだけではなく、汗が大量に出るという症状も多いです。

その他には次のような症状があります。

胸に違和感を感じる

乳房が痛んだり、脈が早まって動悸がすることもあります。

・めまいや耳鳴り

・倦怠感

・体重の大幅に変化する

・頭痛

・冷え性

・肩こりや腰痛など

精神面の症状

精神面も乱れやすく、次のような症状が多いです。

・イライラや不安のうつ的な症状

・神経質になる

・睡眠障害

・記憶力の低下

・やる気が出ない

このように自律神経が乱れることで、様々な不調が起こり、中には日常生活に支障をきたすものもあります。

自律神経は、人間が生活する上でかなり大事な神経なので、乱れると大変なことになるのです。

よもぎ蒸しは更年期障害に効果あるの?

個人差はありますが、よもぎ蒸しは更年期障害に効果があります。

特に、ホットフラッシュや多汗、精神面の症状を和らげてくれます。

更年期障害の症状に多いホットフラッシュや多汗は、女性ホルモンのバランスとともに自律神経のバランスが乱れて体温調節がうまくいかなくなることで起こります。

体温調節が狂ってお腹や手足が冷えているのを温めようとして体温が上がり、結果、のぼせるような暑さに襲われるのです。

よもぎ蒸しで下半身からお腹を温めることで、うまく体温調節できるようになり、回数を重ねるごとに、個人差はありますが、ホットフラッシュや多汗の緩和が期待できます。

また、よもぎに含まれる香り成分のシオネールという成分により、イライラなどの精神の乱れが整えられて、自律神経も整いやすくなります。

更年期障害の症状を少しでも楽にしたいのなら、よもぎ蒸しがおすすめです。

若年性更年期障害にも注意!

最近は、20代、30代からすでに更年期障害の症状に悩まされる女性が多いです。

このような更年期障害を若年性更年期障害といい、別名ではプレ更年期とも呼んでいます。

若年性更年期障害は、何らかの影響で女性ホルモンのバランスが乱れて、自律神経も乱れてしまっていることが原因です。

40代くらいに多い普通の更年期障害と比べると、閉経まではまだ年数があるため、女性ホルモンの乱れも努力すれば治せる程度のものです。

無理なダイエットや不規則な生活、ストレスなどで乱れてしまった女性ホルモンを整えるには、よもぎ蒸しがおすすめです。

よもぎ蒸しでお尻の仙骨を温めると、エストロゲンの分泌を促せるので、特におすすめです。

いかがでしたか?

婦人科系の疾患に特に効果が多いよもぎ蒸しを習慣にして、暗くなってしまいがちな更年期障害をうまく乗り越えられるといいですね。

黄土よもぎ蒸しの元祖!ファンジンよもぎ蒸しセットが期間限定セール中!