効能・効果

よもぎ蒸しは妊活に効果がある?温めるタイミングと注意点

よもぎ蒸しは不妊治療のサポートに良いという話をよく聞きますよね!
でも本当に妊活に効果があるのでしょうか?

そしてどのように効果的なのでしょうか?

ここでは、よもぎ蒸しの不妊への効果と、効果を上げるためのタイミングや頻度、注意点などをご紹介します。

 

冷えが不妊につながるメカニズム

女性は、筋肉よりも脂肪が多くなる体質なので、体が冷えやすいです。
その冷えこそが、不妊の原因になると言われています。

冷えは、冷え性だけではありません。
実は、冷え性と低体温の2つのタイプがあるのです。

どちらかというと、低体温よりも冷え性の方が軽症です。

いろんな要因により血流が悪くなると、血液が必要な心臓や内臓に優先的に血液を送ります。
すると、手足などにはあまり血液が送られなくなり、冷え性の症状として手足だけが冷たくなるのです。

冷え性がさらに進行すると、身体全体が冷えているのが当たり前の状態の低体温になるのです。

まさに、低体温の人が不妊になりやすく、その理由は子宮までも冷えてしまっているからです。

 

なぜ、低体温で不妊になるのか?

低体温になると不妊になる理由は幾つかあります。
その理由を知ると、子宮の冷えがどれだけ恐ろしいことかがよくわかります。

低体温で子宮が冷えると妊娠しにくくなる理由は次の通りです。

子宮が冷えていると卵子が育ちにくい

血流が悪くなると、人間が生きていく上で最も大事な心臓や内臓に優先的に血液が送られるようになります。
すると、子宮にはあまり血液が送られなくなり、卵巣の血液量が減ると卵子の成長が悪くなるのです。

血液は、栄養を運んだり、熱を上げたり、老廃物を排出するために働いてくれます。

その血液量が減ると、卵子が成長しにくくなり、成長していたとしても健康な赤ちゃんが育ちにくくなります。

子宮が冷えていると着床しにくい

子宮で精子と卵子が結びついて、無事に着床すれば妊娠できます。
しかし、着床は、血液がしっかり流れて巡っている子宮でなければ、なかなかうまくいきません。
最悪の場合、流産することもあります。

子宮が冷えているとプロゲステロンが減る

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの2種類のホルモンがあります。
毎月の生理周期を基準に、2つのホルモンは交互に優位になり、妊娠できる体に保っています。

妊娠に特に関わりがあるのがプロゲステロンという女性ホルモンで、血流が悪くなると分泌量が減るため、妊娠しにくくなります。

プロゲステロンが不足すると、精子と卵子が子宮で結ばれても、着床しにくく、妊娠しにくい状態になるか、流産してしまう可能性があります。

このように、子宮が冷えると、不妊にならない方がおかしいくらいに機能が低下します。

だからこそ、よもぎ蒸しが不妊に効果的なのがよくわかりますね。
逆によもぎ蒸しで子宮を温めれば、とても妊娠しやすい状態になります。
妊娠してから赤ちゃんが成長する上でも、血流や体温が大事になるので、よもぎ蒸しで妊娠だけではなく、赤ちゃんが育ちやすい体にしていきたいですね。

 

よもぎ蒸しの効果を上げるタイミングと注意点

よもぎ蒸しのタイミングや頻度を間違えると、せっかくの効果を感じられない可能性があります。
ここで、よもぎ蒸しのタイミングや頻度、注意点をお話しします。

よもぎ蒸しの効果が上がるタイミングとは?

よもぎ蒸しをするのに効果的な期間は、生理後と次の生理の2週間くらい前までです。
生理後は、直後に行なうのがベストです。
排卵日までの期間は特にベストなタイミングはありませんが、間隔をなるべく均等に分けて行なうと良いでしょう。

排卵日からは、よもぎ蒸しによる子宮収縮で着床がうまくいかなくなる恐れがあるのでおすすめできません。

よもぎ蒸しはどれくらいの頻度でするべき?

よもぎ蒸しの頻度は、生理直後から次の排卵日までに四回くらいが平均的です。
生理直後に一回、次の排卵日までに一回から四回までにすると、効果が出やすいです。

1週間に二回のペースが丁度いい感覚なので、できるだけ守るようにしましょう。

よもぎ蒸しで重視したいのは、回数よりも適度な頻度で長く続けることです。
生理直後に一回、次の排卵日までに一回から四回までというペースでなるべく長く続けるようにしましょう。

よもぎ蒸しの熱さを我慢しないように!

よもぎ蒸しのスチームが膣に当たって熱いこともあります。
とてもデリケートな部分でもありますから、熱いときは我慢せずにスチームを弱めたり、腰を少し浮かせたりなどで工夫しましょう。

このように、よもぎ蒸しは子宮を温めることで妊娠しやすい体に変えてくれる効果が期待できます。
タイミングと頻度を守り、できるだけ長く続けながら体質改善へと向けていけるといいですね。

-効能・効果
-, ,